日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コアダンプファイルをアップロードする

寄稿者

コアダンプファイルが保存されると、イベントメッセージが生成されます。AutoSupport サービスが有効であり、ネットアップサポートにメッセージを送信するように設定されている場合は、 AutoSupport メッセージが送信され、自動応答メールが返信されます。

必要なもの
  • 次の設定を使用して AutoSupport をセットアップしておく必要があります。

    • ノードで AutoSupport が有効になっている。

    • AutoSupport は、テクニカルサポートにメッセージを送信するように設定されています。

    • HTTP または HTTPS 転送プロトコルを使用するように AutoSupport が設定されている。

      コアダンプファイルなどの大容量ファイルを含むメッセージを送信する場合、 SMTP 転送プロトコルはサポートされません。

ネットアップサポートから要求された場合は、「 system node AutoSupport invoke-core-upload 」コマンドを使用して、 AutoSupport サービスを通じてコアダンプファイルをアップロードすることもできます。

手順
  1. 「 system node coredump show 」コマンドを使用して、ノードのコアダンプファイルを表示します。

    次の例では、ローカルノードのコアダンプファイルが表示されます。

    cluster1::> system node coredump show -node local
    Node:Type Core Name Saved Panic Time
    --------- ------------------------------------------- ----- -----------------
    node:kernel
    core.4073000068.2013-09-11.15_05_01.nz true 9/11/2013 15:05:01
  2. 「 system node AutoSupport invoke-core-upload 」コマンドを使用して、 AutoSupport メッセージを生成し、コアダンプファイルをアップロードします。

    次の例では、 AutoSupport メッセージが生成されてデフォルトの場所(テクニカルサポート)に送信されます。コアダンプファイルは、ネットアップサポートサイトであるデフォルトの場所にアップロードされます。

    cluster1::> system node autosupport invoke-core-upload -core-filename
    core.4073000068.2013-09-11.15_05_01.nz -node local

    次の例では、 AutoSupport メッセージが生成され、 URI に指定した場所に送信されます。コアダンプファイルはその URI にアップロードされます。

    cluster1::> system node autosupport invoke-core-upload -uri https//files.company.com -core-filename
    core.4073000068.2013-09-11.15_05_01.nz -node local