日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

パフォーマンスアーカイブファイルをアップロードします

寄稿者

パフォーマンスアーカイブを含む AutoSupport メッセージを生成して送信できます。デフォルトでは、 AutoSupport メッセージはネットアップテクニカルサポートに送信され、パフォーマンスアーカイブはネットアップサポートサイトにアップロードされます。メッセージの送信先とアップロード先には別の場所を指定できます。

必要なもの
  • 次の設定を使用して AutoSupport をセットアップしておく必要があります。

    • ノードで AutoSupport が有効になっている。

    • AutoSupport は、テクニカルサポートにメッセージを送信するように設定されています。

    • HTTP または HTTPS 転送プロトコルを使用するように AutoSupport が設定されている。

      パフォーマンスアーカイブファイルなどの大容量ファイルを含むメッセージの送信では、 SMTP 転送プロトコルはサポートされません。

アップロードするパフォーマンスアーカイブデータの開始日を指定する必要があります。ほとんどのストレージシステムでは、パフォーマンスアーカイブが 2 週間保存されるため、 2 週間前までの開始日を指定できます。たとえば、今日が 1 月 15 日の場合は、 1 月 2 日の開始日を指定できます。アップロードするパフォーマンスアーカイブの開始日をいつにすればよいか判断できない場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

ステップ
  1. 「 system node AutoSupport invoke-performance-archive 」コマンドを使用して、 AutoSupport メッセージを生成し、パフォーマンスアーカイブファイルをアップロードします。

    次の例では、 2015 年 1 月 12 日から 4 時間分のパフォーマンスアーカイブファイルが AutoSupport メッセージに追加され、ネットアップサポートサイトのデフォルトの場所にアップロードされます。

    cluster1::> system node autosupport invoke-performance-archive -node local -start-date 1/12/2015 13:42:09 -duration 4h

    次の例では、 2015 年 1 月 12 日から 4 時間分のパフォーマンスアーカイブファイルが AutoSupport メッセージに追加され、 URI で指定した場所にアップロードされます。

    cluster1::> system node autosupport invoke-performance-archive -node local -start-date 1/12/2015 13:42:09 -duration 4h -uri https://files.company.com