日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AutoSupport メッセージが送信されるタイミングおよび場所

寄稿者

AutoSupport は、メッセージの種類に応じた宛先にメッセージを送信します。AutoSupport がメッセージを送信するタイミングと場所を知ると、 E メールで受信するメッセージまたは Active IQ (旧 My AutoSupport ) Web サイトに表示されるメッセージを把握するのに役立ちます。

特に指定がない限り、次の表に示す設定は、「 system node AutoSupport modify 」コマンドのパラメータです。

イベントトリガー型メッセージ

修正措置を必要とするシステムでイベントが発生した場合には、 AutoSupport からイベントトリガー型メッセージが自動的に送信されます。

メッセージが送信されたとき メッセージの送信先

AutoSupport は、 EMS のトリガーイベントに応答します

「 -to 」と「 -noteto 」で指定されているアドレス(送信されるのはサービスに影響する重要なイベントのみ)。

「 -partner-address 」に指定したアドレス

「 -support 」が「 enable 」に設定されている場合は、テクニカル・サポート

スケジュールされたメッセージ

AutoSupport は、定期的に複数のメッセージを自動的に送信します。

メッセージが送信されたとき メッセージの送信先

毎日(デフォルトでは、午前 12 時からチェックする必要がありますログメッセージとして送信される)

「 -partner-address 」に指定したアドレス

「 -support 」が「 enable 」に設定されている場合は、テクニカル・サポート

毎日(デフォルトでは、午前 12 時からチェックする必要がありますパフォーマンス・メッセージとして '-sperf パラメータが true に設定されている場合は 'true' になります

partner-address で指定されているアドレス

「 -support 」が「 enable 」に設定されている場合は、テクニカル・サポート

毎週(デフォルトでは、日曜日の午前 0 時から午前 1 時までの間に送信されます)

「 -partner-address 」に指定したアドレス

「 -support 」が「 enable 」に設定されている場合は、テクニカル・サポート

手動でトリガーされるメッセージ

AutoSupport メッセージは、手動で送信または再送信できます。

メッセージが送信されたとき メッセージの送信先

「 system node AutoSupport invoke 」コマンドを使用して、手動でメッセージを送信したとき

「 system node AutoSupport invoke 」コマンドで「 -uri 」パラメータを使用して URI を指定すると、その にメッセージが送信されます。

「 -uri 」を省略すると、メッセージは「 -to 」と「 -partner-address 」で指定したアドレスに送信されます。「 -support 」が「 enable 」に設定されている場合、メッセージはテクニカル・サポートにも送信されます。

「 system node AutoSupport invoke-core-upload 」コマンドを使用して、手動でメッセージを送信したとき

「 system node AutoSupport invoke-core-upload 」コマンドで「 -uri 」パラメータを使用して URI を指定すると、その にメッセージが送信され、コアダンプファイルが URI にアップロードされます。

「 system node AutoSupport invoke-core-upload 」コマンドで「 -uri 」を省略すると、テクニカルサポートにメッセージが送信され、テクニカルサポートサイトにコアダンプファイルがアップロードされます。

どちらのシナリオでも '-support' が enable に設定され '-transport が https または http に設定されている必要があります

コア・ダンプ・ファイルのサイズが大きいため ' メッセージは '-to パラメータと -partner-addresses パラメータで指定したアドレスには送信されません

「 system node AutoSupport invoke-performance-archive 」コマンドを使用して、手動でメッセージを送信したとき

「 system node AutoSupport invoke-performance-archive 」コマンドで「 -uri 」パラメータを使用して URI を指定すると、その にメッセージが送信され、パフォーマンスアーカイブファイルが URI にアップロードされます。

「システム・ノード AutoSupport invoke-performance-archive 」で「 -uri 」を省略すると、テクニカル・サポートにメッセージが送信され、テクニカル・サポート・サイトにパフォーマンス・アーカイブ・ファイルがアップロードされます。

どちらのシナリオでも '-support' が enable に設定され '-transport が https または http に設定されている必要があります

パフォーマンス・アーカイブ・ファイルのサイズが大きいため ' メッセージは '-to パラメータと -partner-addresses パラメータで指定したアドレスには送信されません

「 system node AutoSupport history retransmit 」コマンドを使用して、過去のメッセージを手動で再送信します

「 system node AutoSupport history retransmit 」コマンドの「 -uri 」パラメータで指定した URI だけに送信されます

テクニカルサポートによってトリガーされるメッセージです

テクニカルサポートは、 AutoSupport OnDemand 機能を使用して、 AutoSupport からのメッセージを要求できます。

メッセージが送信されたとき メッセージの送信先

AutoSupport が新しい AutoSupport メッセージを生成するという送信指示を取得したとき

「 -partner-address 」に指定したアドレス

「 -support 」が「 enable 」に設定され、「 -transport 」が「 https 」に設定されている場合、テクニカルサポート

過去の AutoSupport メッセージを再送信するという送信指示を AutoSupport が受け取ったとき

「 -support 」が「 enable 」に設定され、「 -transport 」が「 https 」に設定されている場合、テクニカルサポート

コアダンプファイルまたはパフォーマンスアーカイブファイルをアップロードする新しい AutoSupport メッセージを生成するという送信指示を AutoSupport が受け取ったとき

「 -support 」が「 enable 」に設定され、「 -transport 」が「 https 」に設定されている場合、テクニカルサポート。テクニカルサポートサイトにコアダンプファイルまたはパフォーマンスアーカイブファイルがアップロードされます。