日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cluster Aware Backup 拡張の動作

寄稿者

Cluster Aware Backup ( CAB )拡張は、 NDMP v4 プロトコルの拡張です。この拡張を使用すると、 NDMP サーバで、ボリュームを所有するノードでデータ接続を確立できます。また、ボリュームとテープデバイスがクラスタ内の同じノードに配置されているかどうかをバックアップアプリケーションで判断できます。

ボリュームを所有するノードを NDMP サーバで特定し、そのノードでデータ接続を確立できるようにするには、バックアップアプリケーションで CAB 拡張がサポートされている必要があります。CAB 拡張を使用する場合、バックアップアプリケーションでは、データ接続を確立する前に、バックアップまたはリストア対象のボリュームについて NDMP サーバに通知する必要があります。これにより、 NDMP サーバはボリュームをホストするノードを決定して、データ接続を適切に確立できます。

バックアップアプリケーションで CAB 拡張がサポートされている場合は、ボリュームとテープデバイスに関するアフィニティ情報が NDMP サーバから提供されます。ボリュームとテープデバイスがクラスタ内の同じノードに配置されている場合、バックアップアプリケーションではこのアフィニティ情報を使用して、 3 ウェイバックアップの代わりにローカルバックアップを実行できます。