日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SVM を対象とした NDMP モードを管理するためのコマンド

寄稿者

「 vserver services ndmp 」コマンドを使用すると、各 Storage Virtual Machine ( SVM 、旧 Vserver )で NDMP を管理できます。

状況 使用するコマンド

NDMP サービスを有効にします

「 vserver services ndmp on 」のように指定します

注記

クラスタ内のすべてのノードで NDMP サービスを常に有効にする必要があります。ノードで NDMP サービスを有効にするには、「 system services ndmp on 」コマンドを使用します。デフォルトでは、 NDMP サービスはノードで常に有効になっています。

NDMP サービスを無効にします

「 vserver services ndmp off 」のように指定します

NDMP 設定を表示する

vserver services ndmp show

NDMP 設定を変更する

「 vserver services ndmp modify 」のようになります

デフォルトの NDMP バージョンを表示する

「 vserver services ndmp version 」のように入力します

すべての NDMP セッションを表示する

「 vserver services ndmp status 」のように入力します

すべての NDMP セッションに関する詳細情報を表示する

「 vserver services ndmp probe 」のように入力します

指定された NDMP セッションを終了します

「 vserver services ndmp kill 」

すべての NDMP セッションを終了します

vserver services ndmp kill-all

NDMP パスワードを生成します

「 vserver services ndmp generate-password 」

NDMP の拡張機能のステータスを表示します

vserver services ndmp extensions show

このコマンドは、 advanced 権限レベルで使用できます。

NDMP の拡張機能のステータスを変更(有効または無効に)します

「 vserver services ndmp extensions modify 」を使用します

このコマンドは、 advanced 権限レベルで使用できます。

指定した NDMP セッションのロギングを開始します

vserver services ndmp log start 」のように入力します

このコマンドは、 advanced 権限レベルで使用できます。

指定した NDMP セッションのロギングを停止します

vserver services ndmp log stop 」のように入力します

このコマンドは、 advanced 権限レベルで使用できます。

これらのコマンドの詳細については 'vserver services ndmp コマンドのマニュアルページを参照してください