日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

再開可能なコンテキストを削除します

寄稿者

コンテキストを再開せずにバックアップを開始する場合は、コンテキストを削除できます。

SVM 名とコンテキスト ID を指定することにより 'vserver services ndmp restartable-backup delete コマンドを使用して再開可能なコンテキストを削除できます

手順
  1. 再開可能なコンテキストを削除します。

    'vserver services ndmp restartable-backup delete -vserver_vserver-name -context-id_context_identifier_'

    cluster::> vserver services ndmpd restartable-backup show
    Vserver     Context Identifier                   Is Cleanup Pending?
    ----------- ------------------------------------ -------------------
    vserver1    330e6739-0179-11e6-a299-005056bb4bc9 false
    vserver1    481025c1-0179-11e6-a299-005056bb4bc9 false
    vserver2    5cf10132-0179-11e6-a299-005056bb4bc9 false
    3 entries were displayed.
    
    cluster::>
    cluster::> vserver services ndmp restartable-backup delete -vserver vserver1 -context-id 481025c1-0179-11e6-a299-005056bb4bc9
    
    cluster::> vserver services ndmpd restartable-backup show
    Vserver     Context Identifier                   Is Cleanup Pending?
    ----------- ------------------------------------ -------------------
    vserver1    330e6739-0179-11e6-a299-005056bb4bc9 false
    vserver2    5cf10132-0179-11e6-a299-005056bb4bc9 false
    3 entries were displayed.
    
    cluster::>"