日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ダンプとボリューム移動との連携

寄稿者 netapp-thomi

テープバックアップおよびリストア処理とボリューム移動は、ストレージシステムが最終的なカットオーバーフェーズを試行するまで並行して実行できます。最終フェーズのあとは、移動するボリュームで新しいテープバックアップおよびリストア処理を実行することはできません。ただし、現在の処理は完了するまで引き続き実行されます。

次の表に、ボリューム移動処理後のテープバックアップおよびリストア処理の動作を示します。

テープバックアップおよびリストア処理を実行する場合のモード 作業

Storage Virtual Machine ( SVM )を対象とした NDMP モード( CAB 拡張がバックアップアプリケーションでサポートされている場合)

バックアップポリシーを再設定しなくても、読み取り / 書き込みボリュームおよび読み取り専用ボリュームで増分テープバックアップおよびリストア処理を引き続き実行できます。

SVM を対象とした NDMP モード( CAB 拡張がバックアップアプリケーションでサポートされていない場合)

バックアップポリシーで設定された LIF を、デスティネーションアグリゲートをホストするノードに移行する場合は、読み取り / 書き込みボリュームおよび読み取り専用ボリュームで増分テープバックアップおよびリストア処理を引き続き実行できます。それ以外の場合は、ボリューム移動後にベースラインバックアップを実行してから増分バックアップ処理を実行する必要があります。

注記

ボリュームを移動する場合に、デスティネーションノード上の別の SVM に属しているボリュームの名前が移動対象のボリュームの名前と同じであると、移動対象のボリュームの増分バックアップ処理を実行できません。