日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ADB による NDMP バックアップポリシーへの影響

寄稿者

Automatic Data Balancer ( ADB ;自動データバランサ)が有効な場合、 ADB はアグリゲートの使用状況の統計を分析し、設定されている使用率の上限のしきい値を超えたアグリゲートを特定します。

バランサは、しきい値を超えたアグリゲートを特定すると、クラスタ内の別のノードにあるアグリゲートに移動できるボリュームを特定してそのボリュームの移動を試みます。この状況は、このボリュームに設定されているバックアップポリシーに影響します。 Data Management Application ( DMA ;データ管理アプリケーション)が CAB に対応していない場合、バックアップポリシーを再設定してベースラインバックアップ処理を実行する必要があるためです。

注記

DMA が CAB に対応しており、特定のインターフェイスを使用してバックアップポリシーが設定されている場合は、 ADB に影響しません。