日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SMTape バックアップおよびリストアセッションのスケーラビリティ制限

寄稿者 netapp-thomi

NDMP または CLI を使用した SMTape バックアップおよびリストア処理(テープシーディング)の実行中は、システムメモリ容量が異なるストレージシステムで同時に実行できる SMTape バックアップおよびリストアセッションの最大数に注意する必要があります。この最大数は、ストレージシステムのシステムメモリによって異なります。

注記

SMTape バックアップおよびリストアセッションのスケーラビリティ制限は、 NDMP セッションの制限やダンプセッションの制限とは異なります。

ストレージシステムのシステムメモリ SMTape バックアップおよびリストアセッションの総数

16GB 未満

6.

16GB 以上、 24GB 未満

16

24GB 以上

32

システムメモリは、「 sysconfig -a 」コマンド(ノードシェルから利用可能)を使用して取得できます。このコマンドの使用の詳細については、マニュアルページを参照してください。