日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SMTape とボリューム移動との連携

寄稿者 netapp-thomi

SMTape バックアップ処理とボリューム移動処理は、ストレージシステムが最終カットオーバーフェーズを試行するまで並行して実行できます。最終フェーズのあとは、移動するボリュームで新しい SMTape バックアップ処理を実行することはできません。ただし、現在の処理は完了するまで引き続き実行されます。

ボリューム移動処理では、ボリュームのカットオーバーフェーズを開始する前に、同じボリュームでアクティブな SMTape バックアップ処理を確認します。アクティブな SMTape バックアップ処理がある場合、ボリューム移動処理はカットオーバー保留状態になり、 SMTape バックアップ処理を完了できます。これらのバックアップ処理が完了したら、ボリューム移動処理を手動で再開する必要があります。

バックアップアプリケーションで CAB 拡張がサポートされている場合は、バックアップポリシーを再設定しなくても、読み取り / 書き込みボリュームおよび読み取り専用ボリュームで増分テープバックアップおよびリストア処理を引き続き実行できます。

ベースラインリストア処理とボリューム移動処理を同時に実行することはできません。ただし、増分リストアはボリューム移動処理と並行して実行できます。このリストアの動作は、ボリューム移動処理時の SMTape バックアップ処理と同様です。