日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SMTape バックアップ時に Snapshot コピーを使用します

寄稿者

SMTape のベースラインバックアップおよび増分バックアップの際の Snapshot コピーの使用方法を理解しておく必要があります。また、 SMTape を使用してバックアップを実行する場合の考慮事項もいくつかあります。

ベースラインバックアップ

ベースラインバックアップを実行する際は、テープにバックアップする Snapshot コピーの名前を指定できます。Snapshot コピーを指定しない場合は、ボリュームのアクセスタイプ(読み取り / 書き込みまたは読み取り専用)に応じて、 Snapshot コピーが自動的に作成されるか、または既存の Snapshot コピーが使用されます。バックアップする Snapshot コピーを指定すると、指定した Snapshot コピーよりも古いすべての Snapshot コピーもテープにバックアップされます。

バックアップする Snapshot コピーを指定しない場合、次のような処理が行われます。

  • 読み取り / 書き込みボリュームの場合は、 Snapshot コピーが自動的に作成されます。

    新たに作成された Snapshot コピーとすべての古い Snapshot コピーがテープにバックアップされます。

  • 読み取り専用ボリュームの場合は、最新の Snapshot コピーを含むすべての Snapshot コピーがテープにバックアップされます。

    バックアップの開始後に作成された新しい Snapshot コピーはバックアップされません。

差分バックアップ

SMTape の増分または差分バックアップ処理では、 NDMP 準拠のバックアップアプリケーションによって Snapshot コピーが作成および管理されます。

増分バックアップ処理を実行する場合は、 Snapshot コピーを必ず指定する必要があります。増分バックアップ処理を成功させるには、以前のバックアップ処理(ベースラインまたは増分)でバックアップされた Snapshot コピーが、バックアップの実行元のボリュームに格納されている必要があります。バックアップされたこの Snapshot コピーを確実に使用するには、バックアップポリシーの設定時に、このボリュームに割り当てられている Snapshot ポリシーを考慮する必要があります。

SnapMirror デスティネーションでの SMTape バックアップに関する考慮事項

  • レプリケーション用のデスティネーションボリュームには、データ保護ミラー関係によって一時的な Snapshot コピーが作成されます。

    これらの Snapshot コピーを SMTape バックアップに使用しないでください。

  • データ保護ミラー関係が確立されたデスティネーションボリュームで SMTape バックアップ処理が実行されているときに、同じボリュームで SnapMirror 更新が発生する場合は、 SMTape でバックアップされる Snapshot コピーをソースボリュームで削除しないでください。

    バックアップ処理中に、 SMTape はデスティネーションボリューム上の Snapshot コピーをロックします。対応する Snapshot コピーがソースボリュームで削除されると、後続の SnapMirror 更新処理は失敗します。

  • 増分バックアップでは、これらの Snapshot コピーを使用しないでください。