日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SVM を対象とした NDMP モードとは

寄稿者 netapp-thomi

NDMP サービスが Storage Virtual Machine ( SVM )で有効になっている場合、テープバックアップおよびリストア処理を SVM レベルで正常に実行できます。バックアップアプリケーションで CAB 拡張がサポートされている場合は、クラスタの SVM の異なるノード間でホストされているすべてのボリュームをバックアップおよびリストアできます。

NDMP 制御接続は、さまざまなタイプの LIF で確立できます。SVM を対象とした NDMP モードでは、このような LIF はデータ SVM または管理 SVM に属しています。LIF で接続を確立できるのは、その LIF を所有する SVM で NDMP サービスが有効になっている場合だけです。

データ LIF はデータ SVM に属しています。クラスタ間 LIF 、ノード管理 LIF 、およびクラスタ管理 LIF は管理 SVM に属しています。

SVM を対象とした NDMP モードでは、バックアップおよびリストア処理に使用できるボリュームとテープデバイスは、 NDMP 制御接続が確立される LIF タイプおよび CAB 拡張のステータスによって異なります。バックアップアプリケーションで CAB 拡張がサポートされており、ボリュームとテープデバイスが同じアフィニティを共有している場合は、 3 ウェイバックアップまたはリストア処理の代わりにローカルバックアップまたはリストア処理をバックアップアプリケーションで実行できます。