日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

テープ予約機能とは

寄稿者

テープドライブ、メディアチェンジャ、ブリッジ、テープライブラリなどは共有可能であるため、複数のストレージシステムからアクセスできます。テープ予約機能を利用すると、すべてのテープドライブ、メディアチェンジャ、ブリッジ、およびテープライブラリで、 SCSI 予約 / リリースメカニズムまたは SCSI 永続的予約機能のいずれかを有効にして、一度に 1 つのストレージシステムだけがデバイスにアクセスするよう制御できます。

注記

スイッチが含まれているかどうかにかかわらず、ライブラリ内のデバイスを共有するすべてのシステムで同じ予約方法を使用する必要があります。

SCSI 予約 / リリースメカニズムによるデバイス予約は、通常の状態では適切に機能します。ただし、インターフェイスエラーからのリカバリ処理中に予約内容が消失することがあります。この場合、予約済みの所有者以外のイニシエータがデバイスにアクセスできます。

SCSI 永続的予約機能による予約は、ループリセットやターゲットリセットなどのエラーリカバリメカニズムには影響されません。ただし、すべてのデバイスに、 SCSI 永続的予約機能が正しく実装されているとは限りません。