日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

QoS を変更する

寄稿者 netapp-aherbin このページの PDF をダウンロード

ONTAP 9.8 以降では、ストレージをプロビジョニングすると QoS がデフォルトで有効になります。QoS を無効にするか、プロビジョニングプロセスでカスタムの QoS ポリシーを選択できます。ストレージのプロビジョニングが完了したあとに QoS を変更することもできます。

手順
  1. ONTAP システムマネージャで、 * ストレージ * をクリックし、 * ボリューム * を選択します。

  2. QoS を変更するボリュームの横にあるをクリックします メニューアイコン をクリックし、 * Edit * を選択します。