日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

削除したボリュームをリカバリします

寄稿者 netapp-aherbin netapp-thomi netapp-manishc netapp-lenida このページの PDF をダウンロード

1 つ以上の FlexVol ボリュームを誤って削除した場合は、ボリュームをリカバリできます。System Manager 9.8 以降では、 FlexGroup ボリュームもリカバリできます。ボリュームをパージして永続的に削除することもできます。

ボリューム保持期限は Storage VM レベルで設定できます。デフォルトでは、ボリュームの保持期間は 12 時間に設定されています。

削除したボリュームを選択する

手順
  1. [ ストレージ ] 、 [ ボリューム ] の順にクリックします。

  2. [ 詳細 ] 、 [ 削除されたボリュームを表示する *] の順にクリックし

  3. ボリュームを選択し、目的の操作をクリックして、ボリュームをリカバリまたは完全に削除します。

ボリューム設定をリセットしています

ボリュームを削除すると、そのボリュームに関連付けられている設定が削除されます。ボリュームをリカバリしても、すべての構成がリセットされるわけではありません。ボリュームを元の状態に戻すには、ボリュームのリカバリ後に次のタスクを手動で実行します。

手順
  1. ボリュームの名前を変更します。

  2. ジャンクションパス( NAS )を設定する。

  3. ボリューム内の LUN に対するマッピングの作成( SAN )

  4. Snapshot ポリシーとエクスポートポリシーをボリュームに関連付けます。

  5. ボリュームの新しいクォータポリシールールを追加します。

  6. ボリュームの QoS ポリシーを追加します。