日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Ansible Playbook を使用して、ボリュームや LUN を追加、編集できます

寄稿者 netapp-thomi このページの PDF をダウンロード

ONTAP 9.9.9 以降では、ボリュームまたは LUN を追加または編集する場合に、 System Manager で Ansible プレイブックを使用できます。

この機能を使用すると、同じ構成を複数回使用したり、ボリュームや LUN を追加または編集するときに構成をわずかに変更して同じ構成を使用したりできます。

Ansible プレイブックを有効または無効にします

System Manager で Ansible プレイブックの使用を有効または無効にすることができます。

手順
  1. System Manager のクラスタ設定ページで、 UI 設定に移動します。

    • クラスタ > 設定 *

  2. [*UI 設定 *] で、スライダスイッチを [ 有効 ] または [ 無効 ] に変更します。

ボリューム構成を Ansible Playbook に保存します

ボリュームの構成を作成または変更するときは、構成を Ansible Playbook ファイルとして保存できます。

手順
  1. ボリュームを追加または編集します。

    • 音量 > 追加 * (または * 音量 > 編集 * )

  2. ボリュームの設定値を指定または編集します。

  3. 「 * Save to Ansible Playbook * 」を選択して、構成を Ansible Playbook ファイルに保存してください。

    次のファイルを含む zip ファイルがダウンロードされます。

    • *variable.yaml *: 入力または変更した値で、ボリュームを追加または編集します。

    • *volumeAdd.yaml *(or *volumeEdit.yaml *) : 「 variable.yaml 」ファイルから入力を読み取るときに値を作成または変更するために必要なテストケース。

LUN の設定を Ansible Playbook に保存します

LUN の構成を作成または変更する場合は、構成を Ansible Playbook ファイルとして保存できます。

手順
  1. LUN を追加または編集します。

    • lun> 追加 * (または * lun > 編集 * )

  2. LUN の設定値を指定または編集します。

  3. Ansible Playbook に保存 * を選択して、構成を Ansible Playbook ファイルに保存:

    次のファイルを含む zip ファイルがダウンロードされます。

    • *variable.yaml * : LUN を追加または編集するために入力または変更した値。

    • *lunAdd.yaml *(or *lunEdit.yaml *) : 「 variable.yaml 」ファイルから入力を読み取るときに値を作成または変更するために必要なテストケース。

グローバル検索結果から Ansible Playbook ファイルをダウンロードできます

グローバル検索を実行するときは、 Ansible Playbook ファイルをダウンロードできます。

手順
  1. 検索フィールドに、「 volume 」、「 LUN 」、または「 Playbook 」と入力します。

  2. 検索結果は、「 Volume Management ( Ansible Playbook )」または「 LUN Management ( Ansible Playbook )」で確認できます。

  3. をクリックします ダウンロードアイコン Ansible Playbook ファイルをダウンロードできます。

Ansible Playbook ファイルを利用できます

Ansible Playbook ファイルを変更して実行することで、ボリュームや LUN の構成を指定できます。

操作を実行するには、次の 2 つのファイル(「 add 」または「 edit 」)を使用します。

状況 使用する変数ファイル 使用する実行ファイル

ボリュームを追加します

「 volumeAdd-bvarible.yaml 」と入力します

「 ValueAdd.yaml 」を参照してください

ボリュームを編集します

「 volumeEdit - variable.yaml 」と入力します

「 volumeEdit.yaml 」

LUN を追加します

lunAdd-variable.yaml

「 lunAdd.yaml 」と入力します

LUN を編集します

lunEdit - variable.yaml

「 lunEdit.yaml 」と入力します

手順
  1. 変数ファイルを変更します。

    ファイルには、ボリュームまたは LUN の設定に使用するさまざまな値が含まれています。

    • 値を変更しない場合は、コメントを付けたままにします。

    • 値を変更する場合は、コメントを削除します。

  2. 関連付けられた実行ファイルを実行します。

    実行ファイルには、変数ファイルから入力を読み取るときに値を作成または変更するために必要なテストケースが含まれています。

  3. ユーザログインクレデンシャルを入力します。