日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Storage VM ディザスタリカバリを設定

寄稿者 netapp-lenida このページの PDF をダウンロード

Storage VM ディザスタリカバリ( Storage VM DR )関係を作成して、 1 つの Storage VM 構成を別の Storage VM 構成にレプリケートできます。プライマリサイトで災害が発生した場合に、デスティネーション Storage VM を迅速にアクティブ化できます。

デスティネーションからこの手順を作成します。たとえば、ソース Storage VM で CIFS が設定されている場合など、新しい保護ポリシーを作成する必要がある場合は、 System Manager を使用してポリシーを作成し、 * Add Protection Policy * ウィンドウで * Copy source Storage VM configuration * オプションを選択します。詳細については、を参照してください "カスタムのデータ保護ポリシーを作成する"

手順
  1. デスティネーションクラスタで、 Protection > Relationships の順にクリックします。

  2. [Relationships] ( リレーションシップ ) で、 [Protect] ( 保護 ) をクリックし、 [Storage VM(DR)] を選択します。

  3. 保護ポリシーを選択します。カスタムの保護ポリシーを作成した場合は、ポリシーを選択し、レプリケートするソースクラスタと Storage VM を選択します。新しい Storage VM 名を入力して、新しいデスティネーション Storage VM を作成することもできます。

  4. [ 保存( Save ) ] をクリックします。