日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ファイルシステムのアクティビティを表示します

寄稿者 netapp-ahibbard netapp-forry netapp-rlithman netapp-aherbin

File System Analytics ( FSA )が有効になっている場合、デフォルトでは、選択したボリュームのルートディレクトリの内容を各サブツリーで使用されている間隔でソートして表示できます。

ファイルシステムオブジェクトをクリックすると、ファイルシステムを参照したり、ディレクトリ内の各オブジェクトの詳細情報を表示したりできます。ディレクトリの情報をグラフィカルに表示することもできます。時間の経過とともに、各サブツリーの履歴データが表示されます。ディレクトリ数が 3000 を超える場合、使用済みスペースはソートされません。

エクスプローラ( Explorer )

File System Analytics * Explorer * 画面は、次の 3 つの領域で構成されています。

  • ディレクトリとサブディレクトリのツリービュー。名前、サイズ、変更履歴、アクセス履歴を示す展開可能なリスト。

  • ファイル。ディレクトリリストで選択したオブジェクトの名前、サイズ、アクセス日時を表示します。

  • ディレクトリリストで選択したオブジェクトのアクティブデータと非アクティブデータの比較。

    ONTAP 9.9..1 以降では、レポートする範囲をカスタマイズできます。デフォルト値は 1 年です。これらのカスタマイズ内容に基づいて、ボリュームの移動や階層化ポリシーの変更などの対処を実行できます。

デフォルトでは、アクセス時間が表示されます。ただし 'volume modify コマンドで -atime-update オプションを false に設定することにより ' ボリューム・デフォルトが CLI から変更された場合は ' 最終変更時刻のみが表示されます例:

  • ツリービューには、 * アクセス履歴 * は表示されません。

  • ファイルビューが変更されます。

  • アクティブ / 非アクティブデータ表示は、変更された時間(「 m time 」)に基づいて行われます。

これらの表示を使用して、次のことを確認できます。

  • ファイルシステムの場所が最も多くのスペースを消費している

  • ディレクトリおよびサブディレクトリ内のファイル数やサブディレクトリ数など、ディレクトリツリーに関する詳細情報

  • 古いデータを含むファイルシステムの場所(スクラッチ、一時、ログツリーなど)

FSA の出力を解釈するときは、次の点に留意してください。

  • データの使用場所と使用時期は、処理されるデータ量ではなく、 FSA によって示されます。たとえば、最近アクセスされたファイルや変更されたファイルによる大量のスペース消費は、必ずしもシステムの処理負荷が高いことを示すわけではありません。

  • [ ボリュームエクスプローラ *] タブで FSA のスペース消費を計算する方法は、他のツールとは異なる場合があります。特に、ボリュームで Storage Efficiency 機能が有効になっている場合、ボリューム概要 * で報告される消費量と大きく異なる可能性があります。これは、 * ボリュームエクスプローラ * タブには効率化による削減効果がないためです。

  • ディレクトリ表示のスペースに制限があるため、 List View で 8 レベルを超えるディレクトリ階層を表示することはできません。8 レベルを超えるディレクトリを詳細に表示するには、 Graphical View に切り替え、目的のディレクトリを見つけて、 List View に切り替える必要があります。これにより、ディスプレイに画面スペースが追加されます。

  • 手順 *

ONTAP 9.8 および 9.9.1 では ONTAP 9.10.1 以降でサポートされます

[* ストレージ ] 、 [ ボリューム ] の順にクリックし、目的のボリュームを選択して、 [* エクスプローラ *] をクリックします。

[* Storage] > [Volumes] を選択し、目的のボリュームを選択します。個別のボリューム・メニューから、 * ファイル・システム > エクスプローラ * を選択します。