日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ビジネス継続性の保護を構成します

寄稿者 netapp-aherbin netapp-rlithman このページの PDF をダウンロード

ビジネス継続性の保護を設定するには、 ONTAP ソースクラスタで LUN を選択し、整合グループに追加します。ソースクラスタのブラウザから System Manager を開き、ビジネス継続性の保護の設定を開始します。

このタスクについて

  • LUN は同じ Storage VM に存在する必要があります。

  • LUN は異なるボリュームに配置できます。

  • ソースとデスティネーションのクラスタを同じにすることはできません。

手順
  1. 保護する LUN を選択し ' 保護グループに追加します * 保護 > 概要 > ビジネス継続性のための保護 > LUN の保護 *

  2. ソースクラスタで保護する LUN を 1 つ以上選択してください。

  3. デスティネーションクラスタと SVM を選択

  4. * 初期化関係 * がデフォルトで選択されています。[ 保存( Save ) ] をクリックして保護を開始します。

  5. [Dashboard] > [Performance] に移動して、 LUN の IOPS アクティビティを確認します。

  6. デスティネーションクラスタで、 System Manager を使用して、ビジネス継続性関係の保護が同期されていることを確認します。 * Protection > Relationships * 。