日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapMirror のアップグレード要件

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapMirror を実行しているクラスタをアップグレードするには、特定のタスクを実行する必要があります。

  • DP SnapMirror 関係にあるクラスタをアップグレードする場合は、ソースクラスタ / ノードをアップグレードする前に、デスティネーションクラスタ / ノードをアップグレードする必要があります。

  • SnapMirror を実行しているクラスタをアップグレードする前に、デスティネーションボリュームを含む各ノードの SnapMirror 処理を休止し、ピア関係にある各 SVM の名前がクラスタ間で一意である必要があります。

    SnapMirror 転送が失敗しないようにするには、 SnapMirror 処理を一時停止する必要があります。また、ソースノードよりも先にデスティネーションノードをアップグレードしなければならない場合もあります。次の表に、 SnapMirror 処理を一時停止するための 2 つのオプションを示します。

    オプション 説明 ソースノードよりも先にデスティネーションノードをアップグレードする必要がある

    NDU (無停止アップグレード)の実行時に SnapMirror 処理を一時停止する

    SnapMirror 環境でアップグレードを行うときは、すべての SnapMirror 処理を一時停止してアップグレードを実行し、完了後に SnapMirror 処理を再開する方法が最も簡単です。ただし、この方法では、 NDU を実行している間は SnapMirror 転送が行われません。相互にボリュームをミラーリングしているノードがクラスタにある場合は、この方法を使用する必要があります。

    いいえ。任意の順序でノードをアップグレードできます。

    一度に 1 つのデスティネーションボリュームで SnapMirror 処理を一時停止する

    特定のデスティネーションボリュームの SnapMirror 転送を一時停止し、デスティネーションボリュームを含むノード(または HA ペア)、ソースボリュームを含むノード(または HA ペア)の順にアップグレードして、完了後にデスティネーションボリュームの SnapMirror 転送を再開できます。この方法を使用すると、デスティネーションボリュームを含むノードとソースボリュームを含むノードをアップグレードしている間、他のすべてのデスティネーションボリュームの SnapMirror 転送を続行できます。

    はい。

SVM ピアリングを実行するには、 SVM 名がクラスタ間で一意である必要があります。SVM には、「 d`ataVerser.hq" 」や「 `mirrorVserver.Offsite" 」など、一意な完全修飾ドメイン名( FQDN )を使用することを推奨します。FQDN の命名形式を使用することで、一意性を確保しやすくなります。

  • 関連情報 *