日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SVM ルーティング設定を確認

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SVM にはデフォルトルートを 1 つだけ設定することを推奨します。システム停止を回避するには、より限定的なルートでは到達できないネットワークアドレスにデフォルトルートが到達できることを確認する必要があります。詳細については、を参照してください "SU134 : clustered ONTAP で誤ったルーティング設定が行われるとネットワークアクセスが中断される可能性があります"

SVM のルーティングテーブルは、 SVM がデスティネーションとの通信に使用するネットワークパスを決めるものです。ネットワークの問題を未然に防ぐためには、ルーティングテーブルの仕組みを理解しておくことが重要です。

ルーティングルールは次のとおりです。

  • ONTAP は、使用可能な最も限定的なルートでトラフィックをルーティングします。

  • より限定的なルートがない場合、 ONTAP は最後の手段としてデフォルトゲートウェイルート( 0 ビットのネットマスク)でトラフィックをルーティングします。

デスティネーション、ネットマスク、メトリックが同じルートが複数ある場合、リブート後またはアップグレード後に同じルートが使用される保証はありません。複数のデフォルトルートを設定している場合、これは特に問題です。