日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

LIF フェイルオーバーの設定の確認

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

アップグレードを実行する前に、フェイルオーバーポリシーとフェイルオーバーグループが正しく設定されていることを確認する必要があります。

注記 アップグレードプロセスでは、 LIF がアップグレード方式に基づいて移行されます。アップグレード方式によっては、 LIF フェイルオーバーポリシーが使用される場合と使用されない場合があります。

クラスタにノードが 8 つ以上ある場合は、自動アップグレードがバッチ方式で実行されます。バッチアップグレード方式では、クラスタを複数のバッチに分けて、最初のバッチに含まれるノードのセットをアップグレードし、それらの high-availability ( HA )パートナーをアップグレードしてから、残りのバッチについても同じ処理を実行します。ONTAP 9.7 以前では、バッチ方式を使用する場合に、アップグレードするノードの HA パートナーに LIF が移行されます。ONTAP 9.8 以降では、バッチ方式を使用する場合に、 LIF を他のバッチグループに移行します。

クラスタ内のノードが 8 つ未満の場合は、ローリング方式で自動アップグレードが実行されます。ローリングアップグレード方式では、 HA ペアの各ノードでフェイルオーバー処理を開始し、「障害」ノードを更新してギブバックを開始します。この処理をクラスタ内の HA ペアごとに繰り返します。ローリング方式を使用する場合は、 LIF フェイルオーバーポリシーの定義に従って、フェイルオーバーターゲットノードに LIF が移行されます。

  1. 各データ LIF のフェイルオーバーポリシーを表示します。

    ONTAP のバージョン 使用するコマンド

    9.6 以降

    「 network interface show -service -policy data -failover 」を実行します

    9.5 以前

    「 network interface show -role data -failover 」

    次の例は、 2 つのデータ LIF を含む 2 ノードクラスタのデフォルトのフェイルオーバー設定を示しています。

    cluster1::> network interface show -role data -failover
             Logical         Home                  Failover        Failover
    Vserver  Interface       Node:Port             Policy          Group
    -------- --------------- --------------------- --------------- ---------------
    vs0
             lif0            node0:e0b             nextavail       system-defined
                             Failover Targets: node0:e0b, node0:e0c,
                                               node0:e0d, node0:e0e,
                                               node0:e0f, node1:e0b,
                                               node1:e0c, node1:e0d,
                                               node1:e0e, node1:e0f
    vs1
             lif1            node1:e0b             nextavail       system-defined
                             Failover Targets: node1:e0b, node1:e0c,
                                               node1:e0d, node1:e0e,
                                               node1:e0f, node0:e0b,
                                               node0:e0c, node0:e0d,
                                               node0:e0e, node0:e0f

    「 * Failover Targets * 」フィールドには、各 LIF のフェイルオーバーターゲットが優先順位の高いものから順番に表示されます。たとえば、 lif0 のホームポート( node0 の e0b )からのフェイルオーバーでは、 node0 のポート e0c へのフェイルオーバーが最初に試行されます。そのあと、 e0c にフェイルオーバーできない場合は node0 のポート e0d というように、順番にフェイルオーバーが試行されます。

  2. SAN LIF 以外の LIF に対してフェイルオーバーポリシーを disabled に設定している場合は、 network interface modify コマンドを使用してフェイルオーバーを有効にします。

  3. それぞれの LIF について、 LIF のホームノードのアップグレード時に稼働したままにする別のノードのデータポートが「 * Failover Targets * 」フィールドに含まれていることを確認します。

    フェイルオーバー・グループにフェイルオーバー・ターゲットを追加するには 'network interface failover-groups modify コマンドを使用します

    network interface failover-groups modify -vserver vs0 -failover-group fg1 -targets sti8-vsim-ucs572q:e0d,sti8-vsim-ucs572r:e0d
    • 関連情報 *