日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クォータポリシーの割り当てに関する考慮事項

寄稿者

クォータポリシーは、 SVM のすべての FlexVol に対するクォータルールをグループ化したものです。クォータポリシーを割り当てる際には、一定の考慮事項に注意する必要があります。

  • SVM には、常に 1 つのクォータポリシーが割り当てられています。SVM が作成されると、空のクォータポリシーが作成され、 SVM に割り当てられます。このデフォルトのクォータポリシーには、 SVM の作成時に別の名前を指定しないかぎり、「 default 」という名前が付けられます。

  • SVM には、最大 5 つのクォータポリシーを設定できます。1 つの SVM に 5 つのクォータポリシーが存在する場合、既存のクォータポリシーを削除しないかぎり、その SVM に新しいクォータポリシーを作成できません。

  • クォータポリシーのクォータルールを作成または変更する必要がある場合は、次のいずれかの方法を選択できます。

    • SVM に割り当てられているクォータポリシーを直接編集します。その場合、そのクォータポリシーを SVM に割り当てる必要はありません。

    • 割り当てられていないクォータポリシーを編集し、そのポリシーを SVM に割り当てます。その場合、必要に応じて元に戻せるように、クォータポリシーのバックアップを作成しておく必要があります。

      たとえば、割り当てられているクォータポリシーのコピーを作成して、そのコピーを変更して変更したコピーを SVM に割り当て、元のクォータポリシーの名前を変更します。

  • クォータポリシーの名前変更は、そのクォータポリシーが SVM に割り当てられている場合でも可能です。