日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クォータに関する情報を表示するためのコマンド

寄稿者

コマンドを使用して、適用クォータとリソース使用量が含まれるクォータレポート、クォータの状態とエラーに関する情報、またはクォータポリシーとクォータルールに関する情報を表示できます。

注記

次のコマンドは、 FlexVol ボリュームに対してのみ実行できます。

状況 使用するコマンド

適用クォータに関する情報を表示します

ボリューム・クォータ・レポート

クォータターゲットのリソース使用量(ディスクスペースとファイル数)を表示します

ボリューム・クォータ・レポート

ファイルへの書き込みが許可された場合にどのクォータ制限に影響するかを確認します

volume quota report と '-path' パラメータを指定します

'On’off’initializing など ' クォータの状態を表示します

volume quota show

クォータのメッセージロギングに関する情報を表示します

volume quota show と '-logmsg' パラメータを指定した場合

クォータの初期化とサイズ変更中に発生するエラーを表示する

volume quota show に '-instance パラメータを指定します

クォータポリシーに関する情報を表示します

volume quota policy show

クォータルールに関する情報を表示します

volume quota policy rule show

Storage Virtual Machine ( SVM 、旧 Vserver )に割り当てられているクォータポリシーの名前を表示する

「 vserver show 」に「 -instance 」パラメータを指定します

詳細については、各コマンドのマニュアルページを参照してください。