日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexClone ファイルまたは FlexClone LUN を作成します

寄稿者 netapp-thomi

volume file clone create コマンドを使用すると、 FlexVol ボリュームまたは FlexClone ボリュームに存在するファイルや LUN のクローンを、スペース効率と時間効率に優れた方法で作成できます。

必要なもの
  • クラスタに FlexClone ライセンスがインストールされている必要があります。

  • サブ LUN のクローニングまたはサブファイルのクローニングに複数のブロック範囲が使用される場合は、ブロック番号が重ならないようにする必要があります。

  • 適応圧縮が有効なボリュームでサブ LUN またはサブファイルを作成する場合は、ブロック範囲がミスアライメントされないようにする必要があります。

    つまり、ソースの開始ブロック番号とデスティネーションの開始ブロック番号が、偶数または奇数のいずれかでアライメントされている必要があります。

SVM 管理者は、クラスタ管理者によって割り当てられた権限に応じて、 FlexClone ファイルおよび FlexClone LUN を作成できます。

FlexClone ファイルおよび FlexClone LUN に対して、クローンの作成時と変更時に自動削除設定を指定できます。デフォルトでは、自動削除設定は無効になっています。

クローンの作成時に既存の FlexClone ファイルまたは FlexClone LUN を上書きするには、 volume file clone create コマンドで -overwrite-destination パラメータを指定します。

スプリット負荷の最大値に達すると、 FlexClone ファイルおよび FlexClone LUN の作成要求の受け入れが一時的に中止され、「 EBUSY 」エラーメッセージが表示されます。ノードのスプリット負荷が最大値を下回ると、 FlexClone ファイルおよび FlexClone LUN の作成要求の受け入れが再開されます。クローンの作成に必要な容量がノードに確保されてから、次の作成要求を行うようにしてください。

手順
  1. volume file clone create コマンドを使用して、 FlexClone ファイルまたは FlexClone LUN を作成します。

    次の例は、ボリューム vol1 内の親ファイル file1_source から、 FlexClone ファイル file1_clone を作成する方法を示しています。

    cluster1::> volume file clone create -vserver vs0 -volume vol1 -source-path /file1_source -destination-path /file1_clone

    このコマンドの使用の詳細については、マニュアルページを参照してください。