• ホーム
  • ドキュメント
  • ONTAP 9
  • SnapMirror のソースボリュームまたはデスティネーションボリュームから FlexClone ボリュームを作成する際の考慮事項
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapMirror のソースボリュームまたはデスティネーションボリュームから FlexClone ボリュームを作成する際の考慮事項

寄稿者

既存の Volume SnapMirror 関係にあるソースボリュームまたはデスティネーションボリュームから FlexClone ボリュームを作成できます。ただし、これを行うと、以降に行う SnapMirror のレプリケーション処理が正常に完了しないことがあります。

FlexClone ボリュームを作成すると、 SnapMirror によって使用される Snapshot コピーがロックされる可能性があるため、レプリケーションが機能しないことがあります。この場合、 FlexClone ボリュームが削除されるか、親ボリュームからスプリットされるまで、 SnapMirror はデスティネーションボリュームへのレプリケーションを停止します。この問題には、次の 2 つの方法で対処できます。

  • FlexClone ボリュームが一時的に必要で、 SnapMirror レプリケーションが一時的に停止されても構わない場合は、 FlexClone ボリュームを作成し、可能となった時点で削除するか親からスプリットします。

    FlexClone ボリュームが削除されるか親からスプリットされた時点で、 SnapMirror レプリケーションが正常に続行されます。

  • SnapMirror レプリケーションの一時的な停止を許容できない場合は、 SnapMirror ソースボリュームで Snapshot コピーを作成し、その Snapshot コピーを使用して FlexClone ボリュームを作成します。( FlexClone ボリュームをデスティネーションボリュームから作成している場合、 Snapshot コピーが SnapMirror デスティネーションボリュームにレプリケートされるまで待機する必要があります)。

    この方法で SnapMirror ソースボリューム内に Snapshot コピーを作成すると、 SnapMirror によって使用されている Snapshot コピーをロックすることなくクローンを作成できます。