日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

デフォルトクォータの機能

寄稿者

デフォルトクォータを使用して、特定のクォータタイプのすべてのインスタンスにクォータを適用できます。たとえば、デフォルトユーザクォータは、指定した FlexVol または qtree について、システム上のすべてのユーザに適用されます。また、デフォルトクォータを使用すると、クォータを簡単に変更できます。

デフォルトクォータを使用すると、大量のクォータターゲットに自動的に制限を適用でき、ターゲットごとに個別のクォータを作成する必要はありません。たとえば、ほとんどのユーザの使用ディスクスペースを 10GB に制限する場合、ユーザごとにクォータを作成する代わりに、 10GB のディスクスペースのデフォルトユーザクォータを指定できます。特定のユーザに異なる制限を適用する場合は、それらのユーザに対して明示的クォータを作成できます。(特定のターゲットまたはターゲットリストを指定した明示的クォータは、デフォルトクォータを上書きします)。

また、デフォルトクォータを使用すると、クォータの変更を有効にする必要がある場合に、再初期化ではなくサイズ変更を使用できます。たとえば、すでにデフォルトユーザクォータが設定されているボリュームに明示的ユーザクォータを追加すると、サイズ変更によって新しいクォータをアクティブ化できます。

デフォルトクォータは、 3 種類のクォータターゲット(ユーザ、グループ、および qtree )のすべてに適用できます。

デフォルトクォータには、必ずしも制限を指定する必要はありません。デフォルトクォータは追跡クォータにもなります。

クォータは、コンテキストに応じて、空の文字列( "" )またはアスタリスク( * )であるターゲットによって示されます。

  • volume quota policy rule create コマンドを使用してクォータを作成する場合 '--target パラメータを空の文字列 ("") に設定すると ' デフォルト・クォータが作成されます

  • volume quota policy rule show コマンドの出力では、デフォルトクォータが空の文字列( "" )をターゲットとして表示されます。

  • volume quota report コマンドの出力では、デフォルト・クォータには ID およびクォータ指定子としてアスタリスク( * )が表示されます。

デフォルトユーザクォータの例

次の quotas ファイルは、デフォルトユーザクォータを使用して、各ユーザの vol1 の割り当てを 50MB に制限しています。

#Quota target type           disk  files  thold  sdisk  sfile
#-----------  ----           ----  -----  -----  -----  -----
*             user@/vol/vol1  50M

システム上原因のユーザが、 vol1 内に占めるそのユーザのデータが 50MB を超えるようなコマンドを入力した場合(エディタからのファイルへの書き込みなど)、そのコマンドは失敗します。