日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

派生クォータの機能

寄稿者

明示的クォータ(特定のターゲットを指定したクォータ)によってではなく、デフォルトクォータによって適用されるクォータを、 _derived quota _ と呼びます。

派生クォータの数と場所は、クォータタイプによって異なります。

  • ボリューム上のデフォルトツリークォータによって、そのボリューム上のすべての qtree に派生ツリークォータが作成されます。

  • デフォルトユーザクォータまたはデフォルトグループクォータによって、同じレベル(ボリュームまたは qtree )でファイルを所有するユーザまたはグループごとに、派生ユーザクォータまたは派生グループクォータが作成されます。

  • ボリューム上のデフォルトユーザクォータまたはデフォルトグループクォータによって、ツリークォータもあるすべての qtree にデフォルトユーザクォータまたはデフォルトグループクォータが作成されます。

制限やユーザマッピングなどの派生クォータの設定は、対応するデフォルトクォータの設定と同じです。たとえば、ボリュームに 20GB のディスク制限が適用されるデフォルトツリークォータの場合、そのボリュームの qtree に 20GB のディスク制限が適用される派生ツリークォータを作成します。デフォルトクォータが追跡クォータ(制限なし)の場合、派生クォータも追跡クォータになります。

派生クォータを確認するには、クォータレポートを生成します。レポートでは、派生ユーザクォータまたは派生グループクォータは、ブランクまたはアスタリスク( * )のクォータ指定子で示されます。ただし派生ツリークォータにはクォータ指定子が指定されます。派生ツリークォータを特定するには、そのボリューム上で同じ制限が適用されるデフォルトのツリークォータを探す必要があります。

明示的クォータは、派生クォータと次のように連動します。

  • 同じターゲットにすでに明示的クォータが存在する場合は、派生クォータは作成されません。

  • ターゲットに明示的クォータを作成する際に派生クォータが存在する場合は、クォータの完全な初期化を実行する代わりに、サイズ変更によって明示的クォータをアクティブ化できます。