日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームの重複排除を無効にします

寄稿者

ポストプロセス重複排除とインライン重複排除は、ボリュームで個別に無効にすることができます。

ボリューム上で現在アクティブになっているボリューム効率化処理を停止します。 volume efficiency stop 」というコマンドが表示されます

ボリューム上でデータ圧縮を有効にした場合、 volume efficiency off コマンドを実行すると、データ圧縮が無効になります。

選択肢
  • volume efficiency off コマンドを使用して ' ポストプロセス重複排除とインライン重複排除の両方を無効にします

    次のコマンドは、ボリューム VolA でポストプロセス重複排除とインライン重複排除の両方を無効にします。

    'volume efficiency off -vserver vs1 -volume VolA

  • ポストプロセス重複排除を無効にするには '-policy オプションを inline only に設定して volume efficiency modify コマンドを使用しますが ' インライン重複排除は有効なままです

    次のコマンドは、ボリューム VolA でポストプロセス重複排除を無効にします。ただし、インライン重複排除は有効なままになります。

    volume efficiency modify -vserver vs1 -volume VolA -policy inline-only ’

  • インライン重複排除のみを無効にするには、 -inline-deduplication オプションを false に設定して volume efficiency modify コマンドを実行します。

    次のコマンドは、ボリューム VolA でインライン重複排除だけを無効にします。

    volume efficiency modify -vserver vs1 -volume VolA -inline-deduplication false