日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージ効率情報の表示を有効にします

寄稿者

「 storage aggregate show-efficiency 」コマンドを使用して、システム内のすべてのアグリゲートのストレージ効率に関する情報を表示します。

「 storage aggregate show-efficiency 」コマンドには、コマンドオプションを指定して実行できる 3 つのビューがあります。

デフォルトビュー

デフォルトビューには、各アグリゲートの総削減率が表示されます。

'cluster1 ::: > storage aggregate show-efficiency

詳細ビュー

詳細ビューを '-sdetails コマンドオプションで起動しますこのビューには次の情報が表示されます。

  • 各アグリゲートの総削減率

  • Snapshot コピーを除いた総削減率

  • 次の効率化テクノロジ別の削減率の内訳:ボリュームの重複排除、ボリュームの圧縮、 Snapshot コピー、クローン、データコンパクション、 アグリゲートインライン重複排除

'cluster1 ::: > storage aggregate show-efficiency details 」というエラーが表示されます

詳細ビュー

アドバンストビューは詳細ビューと似ており、使用済みの論理容量と物理容量の詳細が表示されます。効率化テクノロジ別に表示されるように拡張されました。

このコマンドは、 advanced 権限レベルで実行する必要があります。「 set -privilege advanced 」コマンドを使用して、 advanced 権限に切り替えます。

コマンド・プロンプトは 'cluster::*>` に変わります

'cluster1 ::: > set -privilege advanced

advanced コマンド・オプションを使用して ' アドバンス・ビューを起動します

'cluster1 ::: * > storage aggregate show-efficiency - advanced

1 つのアグリゲートの比率を個別に表示するには、「 -aggregate <name> 」コマンドを使用します。このコマンドは、 advanced 権限レベルだけでなく admin レベルでも実行できます。

'cluster1 ::: > storage aggregate show-efficiency -aggregate aggr1