日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

自動削除設定の概要を使用して FlexVol ボリュームの空きスペースを再生する方法

寄稿者

FlexVol の自動削除設定を有効にすると、 FlexClone ファイルおよび FlexClone LUN を自動的に削除できます。自動削除を有効にすると、ボリュームがフルに近くなったときに、指定した量の空きスペースをボリューム内に再生できます。

ボリュームの空きスペースが一定のしきい値を下回ったときに FlexClone ファイルおよび FlexClone LUN の削除を自動的に開始し、ボリュームの空きスペースを指定の量だけ再生したらクローンの削除を自動的に中止するように設定できます。クローンの自動削除を開始するしきい値を指定することはできませんが、それぞれのクローンを削除対象に含めるかどうかと、ボリュームの空きスペースの目標量を指定することができます。

ボリュームの空きスペースが一定のしきい値を下回ったとき、および次の要件の両方に達したときに、 FlexClone ファイルおよび FlexClone LUN が自動的に削除されます。

  • FlexClone ファイルおよび FlexClone LUN が格納されているボリュームに対して自動削除機能が有効になっている。

    FlexVol ボリュームに対して自動削除機能を有効にするには 'volume snapshot autodelete modify コマンドを使用しますFlexClone ファイルおよび FlexClone LUN を自動的に削除するには、ボリュームの -trigger-パラメータ を「 volume 」または「 nap_reserve 」に設定する必要があります。

  • FlexClone ファイルおよび FlexClone LUN に対して自動削除機能が有効になっている。

    FlexClone ファイルまたは FlexClone LUN に対して自動削除を有効にするには、「 file clone create 」コマンドで -autodelete パラメータを指定します。このクローン設定はボリュームの他の設定よりも優先されるため、この設定で個別に自動削除を無効にすることで、特定の FlexClone ファイルや FlexClone LUN を保持することができます。