日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

完全なクォータ再初期化が必要な場合

寄稿者

クォータのサイズ変更の方が高速ですが、クォータに特定の変更を加えた場合は、完全なクォータ再初期化を実行する必要があります。

次の状況では、クォータの完全な再初期化を実行する必要があります。

  • これまでクォータがなかったターゲットに対してクォータを作成した場合

  • ユーザマッピングは「 usermap.cfg 」ファイルで変更し、 quotas ファイルの QUOTA_Perform _ user_mapping エントリを使用します。

  • qtree のセキュリティ形式を UNIX 形式から mixed 形式、または NTFS 形式に変更する場合

  • qtree のセキュリティ形式を mixed 形式または NTFS 形式から UNIX 形式に変更した場合

  • 複数のユーザを含むクォータターゲットからユーザを削除する場合、またはすでに複数のユーザを含むターゲットにユーザを追加する場合

  • クォータに大幅な変更を加える場合

3 つの qtree を含むボリュームがあり、そのボリューム内のクォータはツリークォータ 3 つだけであるとします。このボリュームに次の変更を加えることにしました。

  • 新しい qtree を追加し、新しいツリークォータを作成する

  • ボリュームのデフォルトユーザクォータを追加する

これらのどちらの変更にも、クォータの完全な初期化が必要です。クォータのサイズ変更では有効に機能しません。