日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

インラインの Storage Efficiency 機能は、 AFF システムではデフォルトで有効になっています

寄稿者

これまで Storage Efficiency 機能は、 AFF システムに新規で作成されたすべてのボリュームでデフォルトで有効になっていました。ONTAP 9.2 以降、インラインの Storage Efficiency 機能は、すべての AFF システムの既存および新規で作成されたすべてのボリュームでデフォルトで有効になります。

Storage Efficiency 機能には、インライン重複排除、インラインのボリューム間重複排除、インライン圧縮があります。次の表に示すように、 AFF システムではこれらの機能がデフォルトで有効になっています。

注記

データコンパクションは AFF ですでにデフォルトで有効になっているため、 ONTAP 9.2 での変更はありません。

ボリュームの状態 ONTAP 9.2 では、 Storage Efficiency 機能がデフォルトで有効になります

インライン重複排除

インラインのボリューム間重複排除

インライン圧縮

9.2 へのクラスタアップグレード

はい。

はい。

はい。

ONTAP 7-Mode から clustered ONTAP への移行

はい。

はい。

はい。

ボリューム移動

はい。

はい。

はい。

シックプロビジョニングされたボリューム

はい。

いいえ

はい。

暗号化されたボリューム

はい。

いいえ

はい。

次の例外は、 1 つ以上のインラインの Storage Efficiency 機能に該当します。

  • デフォルトのインラインの Storage Efficiency 機能がサポートされるのは、読み書き可能なボリュームだけです。

  • 圧縮による削減が設定されたボリュームでは、インライン圧縮は有効になりません。

  • ポストプロセスの重複排除が有効になっているボリュームでは、インライン圧縮は有効になりません。

  • ボリューム効率化が無効になっているボリュームでは、既存のボリューム効率化ポリシーの設定が上書きされ、インラインのみのポリシーを有効にするように設定されます。