日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

論理スペースの適用機能

寄稿者

ONTAP 9.5 以降で論理スペースの適用を有効にすると、 ONTAP ではボリューム内の使用済み論理ブロック数がカウントされ、使用可能な残りのスペースが算出されます。ボリュームに使用可能なスペースがない場合、 ENOSPC (スペース不足)エラーメッセージが返されます。

論理スペースの適用では、ボリュームがフルになったときやフルに近づいたときにユーザに通知されます。論理スペースの適用では、ボリュームの使用可能スペースについて 3 種類のアラートが返されます。

  • onitor.vol.full.inc.sav`: :このアラートは、ボリュームの論理スペースの 98% が使用されている場合にトリガーされます。

  • onitor.vol.nearFull.inc.sav`: :このアラートは、ボリュームの論理スペースの 95% が使用されたときにトリガーされます。

  • Vol.log.overalloc.inc.sav`: ボリュームで使用されている論理スペースがボリュームの合計サイズを超えると ' このアラートがトリガーされます

    このアラートがトリガーされた場合、ボリュームにスペースを追加しても超過した論理ブロックによって使用されてしまうため、使用可能なスペースにならない可能性があります。

注記

論理スペースの適用を使用するボリュームの Snapshot リザーブを除く、合計(論理スペース)がプロビジョニングスペースと同じである必要があります。