日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AFF システムのインラインデータコンパクションを管理します

寄稿者

AFF システムでは 'volume efficiency modify' コマンドを使用してインライン・データ圧縮をボリューム・レベルで制御できますAFF システム上のすべてのボリュームでは、データコンパクションがデフォルトで有効になっています。

データコンパクションを実行するには、ボリュームのスペース保証を「 none 」に設定する必要があります。これは AFF システムのデフォルトです。

注記

AFF 以外のデータ保護ボリュームでは、デフォルトのスペースギャランティが none に設定されます。

手順
  1. ボリュームのスペースギャランティ設定を確認するには、次の手順を実行します。

    volume show -vserver vserver_name -volume volume_name – fields space-guarantee`

  2. データコンパクションを有効にするには、次の

    volume efficiency modify -vserver vserver_name -volume volume_name -data-締 固め true

  3. データコンパクションを無効にする場合:

    volume efficiency modify -vserver vserver_name -volume volume_name -data-締 固め false

  4. データコンパクションのステータスを表示するには:

    volume efficiency show -instance のコマンドを実行します

'cluster1 ::: > volume efficiency modify -vserver vs1 -volume vol1 -data-コンパクション true `cluster1 :: > volume efficiency modify -vserver vs1 -volume vol1 -data-締 固め false