• ホーム
  • ドキュメント
  • ONTAP 9
  • スペースリザーブなしのファイルまたはスペースリザーブなしの LUN とシンプロビジョニングボリュームを組み合わせた場合の構成設定
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

スペースリザーブなしのファイルまたはスペースリザーブなしの LUN とシンプロビジョニングボリュームを組み合わせた場合の構成設定

寄稿者

この FlexVol とファイルまたは LUN の設定の組み合わせでは、事前に割り当てられるストレージの量が最小になりますが、スペース不足によるエラーを回避するために空きスペースを能動的に管理する必要があります。

シンプロビジョニングボリュームでスペースリザーブなしのファイルまたはスペースリザーブなしの LUN を設定するには、次の設定が必要です。

音量設定 価値

保証

なし

フラクショナルリザーブ

0

Snapshot リザーブ

任意

Snapshot の自動削除

任意。

自動拡張

任意。

ファイルまたは LUN の設定 価値

スペースリザベーション

無効

その他の考慮事項については

ボリュームまたはアグリゲートのスペースが不足すると、ファイルまたは LUN への書き込み処理が失敗する場合があります。

ボリュームとアグリゲートの両方の空きスペースを能動的に監視しない場合は、ボリュームの自動拡張を有効にして、ボリュームの最大サイズをアグリゲートのサイズに設定してください。この設定では、アグリゲートの空きスペースを能動的に監視する必要がありますが、ボリュームの空きスペースを監視する必要はありません。