日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

特定の FlexClone ファイルまたは FlexClone LUN を自動削除の対象から除外します

寄稿者

FlexClone ファイルおよび FlexClone LUN を自動的に削除するように FlexVol を設定すると、指定した条件を満たすすべてのクローンが削除される可能性があります。特定の FlexClone ファイルまたは FlexClone LUN を残したい場合は、それらを FlexClone の自動削除プロセスから除外できます。

FlexClone ライセンスがインストールされている必要があります。

FlexClone ファイルまたは FlexClone LUN を作成すると、クローンの自動削除設定がデフォルトで無効になります。自動削除を無効にした FlexClone ファイルと FlexClone LUN は、ボリュームのスペースを再生するためにクローンを自動的に削除するように FlexVol を設定しても保持されます。

注記

ボリュームの「コミットメント」レベルを「 try 」または「 disrupt 」に設定すると、これらのクローンの自動削除を無効にして、特定の FlexClone ファイルまたは FlexClone LUN を個別に保持できます。ただし、ボリュームの「 commitment 」レベルを「 destroy 」に設定し、削除リストに「 lun_clone 、 file_clone 」を含めると、クローン設定よりもボリューム設定が優先され、クローンの自動削除設定に関係なく、すべての FlexClone ファイルと FlexClone LUN が削除対象となります。

手順
  1. volume file clone autodelete コマンドを使用して、特定の FlexClone ファイルまたは FlexClone LUN を自動削除の対象から除外します。

    次の例は、 vol1 に含まれている FlexClone LUN lun1_clone の自動削除を無効にする方法を示しています。

    cluster1::> volume file clone autodelete -vserver vs1 -volume vol1 -clone-path lun1_clone -enable false

    自動削除を無効にした FlexClone ファイルまたは FlexClone LUN は、ボリュームのスペース再生を目的とした自動削除の対象になりません。

  2. volume file clone show-autodelete コマンドを使用して、 FlexClone ファイルまたは FlexClone LUN で自動削除が無効になっていることを確認します。

    次の例では、 FlexClone LUN lun1_clone の自動削除が false になっています。

    cluster1::> volume file clone show-autodelete -vserver vs1 -clone-path vol/vol1/lun1_clone
    															Vserver Name: vs1
    															Clone Path: vol/vol1/lun1_clone
    															Autodelete Enabled: false