日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

volume quota policy rule show コマンドと volume quota report コマンドを使用する状況

寄稿者

どちらのコマンドもクォータに関する情報を表示しますが 'volume quota policy rule show では構成されたクォータ・ルールを迅速に表示するのに対し 'volume quota report コマンドは ' より多くの時間とリソースを消費し ' 適用クォータとリソース使用量を表示します

volume quota policy rule show コマンドは ' 次の目的で役立ちます

  • アクティブ化する前にクォータルールの設定を確認してください

    このコマンドは、クォータが初期化されているかサイズ変更されているかに関係なく、設定されているクォータルールをすべて表示します。

  • システムリソースに影響を与えずにクォータルールを迅速に表示します

    ディスクとファイルの使用量は表示されないため、このコマンドはクォータレポートほどリソースを消費しません。

  • SVM に割り当てられていないクォータポリシー内のクォータルールを表示する

volume quota report コマンドは ' 次の目的で使用する場合に役立ちます

  • 派生クォータも含め、適用クォータを表示する

  • 派生クォータの影響を受けるターゲットも含め、有効になっているすべてのクォータによって使用されているディスクスペースとファイル数を表示する

    (デフォルトクォータの場合、生成される派生クォータに照らして使用状況が追跡されるため、使用量は「 0 」と表示されます。)

  • ファイルへの書き込みが許可される状況にどのクォータ制限が影響するかを確認します

    '-path パラメータを 'volume quota report' コマンドに追加します

注記

クォータレポートの生成には大量のリソースを消費します。クラスタ内の多数の FlexVol ボリュームに対してこの操作を実行すると、完了までに時間がかかることがあります。SVM 内の個々のボリュームのクォータレポートを表示する方が効率的です。