日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クォータと FlexClone ファイルおよび FlexClone LUN との相互運用性

寄稿者

クォータ制限は、 FlexClone ファイルまたは FlexClone LUN の合計論理サイズに適用されます。ブロック共有によってクォータが超過する場合でも、クローニング処理でブロック共有が停止されることはありません。

FlexClone ファイルまたは FlexClone LUN を作成した場合、クォータではスペース削減量が認識されません。たとえば、 10GB の親ファイルの FlexClone ファイルを作成した場合、使用される物理スペースは 10GB だけですが、クォータ利用率は 20GB (親は 10GB 、 FlexClone ファイルは 10GB )と記録されます。

FlexClone ファイルまたは FlexClone LUN を作成するとグループクォータまたはユーザクォータを超過する場合、 FlexVol にクローンのメタデータを保管できるだけの十分なスペースがあれば、クローンの操作は成功します。ただし、そのユーザまたはグループのクォータはオーバーサブスクライブになります。