日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CIFS ボリュームをリホスト

寄稿者

SMB プロトコル経由でデータを提供するボリュームをリホストできます。CIFS ボリュームのリホスト後、引き続き SMB プロトコル経由でデータにアクセスするためには、ポリシーと関連ルールを手動で設定する必要があります。

必要なもの
  • ボリュームはオンラインである必要があります。

  • ボリュームの移動や LUN の移動など、ボリューム管理操作を実行しないでください。

  • リホストするボリュームへのデータアクセスを停止する必要があります。

  • リホストするボリュームのデータアクセスをサポートするようにターゲット SVM の ns-switch とネームサービスを設定する必要があります。

  • ソース SVM とデスティネーション SVM の Active Directory ドメインと DNS ドメインが同じであることが必要です。

  • ボリュームのユーザ ID とグループ ID をターゲット SVM で使用可能であるか、またはホストするボリュームで変更する必要があります。

    注記

    ローカルユーザとローカルグループが設定されていて、それらのユーザまたはグループに対して権限が設定されたボリューム上にファイルとディレクトリがある場合、それらの権限は無効になります。

このタスクについて
  • リホストはシステム停止を伴う処理です。

  • リホスト処理が失敗した場合は、ソースボリュームでボリュームのポリシーおよび関連するルールを再設定しなければならない場合があります。

  • ソース SVM とデスティネーション SVM の Active Directory ドメインが異なる場合は、ボリューム上のオブジェクトへのアクセスが失われる可能性があります。

  • ソース SVM にローカルユーザとローカルグループが含まれている場合、ファイルとディレクトリに対して設定された権限( ACL )はボリュームのリホスト処理後に無効になります。

    監査 ACL ( SACL )についても同様です。

  • 次のボリュームポリシー、ポリシールール、および構成はリホスト処理後にソースボリュームから失われるため、リホスト後のボリュームで手動で再設定する必要があります。

    • ボリュームと qtree のエクスポートポリシー

    • ウィルス対策ポリシー

    • ボリューム効率化ポリシー

    • Quality of Service ( QoS ;サービス品質)ポリシー

    • Snapshot ポリシー

    • クォータルール

    • ns-switch とネームサービスの設定のエクスポートポリシーとルール

    • ユーザ ID とグループ ID

手順
  1. ボリュームのリホスト処理が失敗した場合に CIFS 共有の情報が失われないように、 CIFS 共有に関する情報を記録します。

  2. 親ボリュームからボリュームをアンマウントします。

    'volume unmount (ボリュームのアンマウント

  3. advanced 権限レベルに切り替えます。

    「 advanced 」の権限が必要です

  4. デスティネーション SVM でボリュームをリホストします。

    「 volume rehost -vserver source_svm -volume vol_name -destination-vserver destination_svm 」という形式で指定します

  5. デスティネーション SVM の適切なジャンクションパスにボリュームをマウントします。

    ボリュームマウント

  6. リホストしたボリューム用の CIFS 共有を作成します。

    「 vserver cifs share create 」

  7. ソース SVM とデスティネーション SVM で DNS ドメインが異なる場合は、新しいユーザとグループを作成します。

  8. 新しいデスティネーション SVM の LIF とリホストしたボリュームへのジャンクションパスで、 CIFS クライアントを更新します。

ポリシーおよび関連するルールをリホストしたボリュームに手動で再設定する必要があります。