日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリューム作成時に Storage Efficiency モードを設定します

ONTAP 9.10.1 以降では、新しい AFF ボリュームの作成時に Storage Efficiency モードを設定できます。パラメータの「 -storage-efficiency -mode 」を使用すると、ボリュームで効率的モードとデフォルトのパフォーマンスモードのどちらを使用するかを指定できます。--storage-efficiency -mode パラメータは、 AFF 以外のボリュームまたはデータ保護ボリュームではサポートされていません。

効率化モードを使用して新しいボリュームを作成します

Storage Efficiency を有効にするときに効率モードを設定するには、「 -storage-efficiency -mode 」パラメータに「 efficient 」という値を指定します。

ステップ
  1. 効率化モードを有効にして新しいボリュームを作成します。

    ` volume create -vserver <vserver name> -volume <volume name> -aggregate <aggregate name> -size <volume size> -storage-efficiency モード efficient 」のように指定します

    volume create -vserver vs1 -volume aff_vol1 -aggregate aff_aggr1 -storage-efficiency-mode efficient -size 10g

パフォーマンスモードを使用して新しいボリュームを作成します

温度に応じた Storage Efficiency 機能を使用して新しい AFF を作成すると、パフォーマンスモードはデフォルトで設定されます。オプションで 'd-default' 値を --storage-efficiency -mode パラメータで使用できます

ステップ
  1. 効率化モードを有効にして新しいボリュームを作成します。

    volume create -vserver <vserver name> -volume <volume name> -aggregate <aggregate name> -size <volume size> -storage-efficiency -mode default

    volume create -vserver vs1 -volume AFF_vol1 -aggregate AFF_aggr1 -Storage-efficiency -mode default-size 10g

System Manager の手順の略

ONTAP 9.10.1 以降の System Manager では、温度に応じた Storage Efficiency 機能を使用してより高いストレージ効率を実現することができます。パフォーマンスベースの Storage Efficiency は、デフォルトで有効になっています。

  1. [ ストレージ ] 、 [ ボリューム ] の順にクリックします。

  2. Storage Efficiency を有効または無効にするボリュームを探し、をクリックします メニュー選択アイコン

  3. 「 * Edit 」をクリックし、「 * Storage Efficiency * 」までスクロールします。

  4. Enable Higher Storage Efficiency * を選択します。