日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Snapshot コピーと FlexClone ファイルおよび FlexClone LUN との相互運用性

寄稿者

FlexClone ファイルと FlexClone LUN は、 FlexVol に含まれる親ファイルと親 LUN の既存の Snapshot コピーから作成できます。

ただし、 Snapshot コピーから FlexClone ファイルまたは FlexClone LUN を作成しているとき、親とクローンの間のブロック共有処理が完了するまでは、 Snapshot コピーを手動で削除することはできません。Snapshot コピーは、バックグラウンドで実行されているブロック共有処理が完了するまで、ロックされたままです。したがって、ロックされている Snapshot コピーを削除しようとすると、しばらくしてから処理を再試行するように求めるメッセージが表示されます。その場合、特定の Snapshot コピーを手動で削除するには、再試行を繰り返して、ブロック共有が完了した時点で Snapshot コピーが削除されるようにする必要があります。