日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クォータに Windows ユーザを指定する方法

寄稿者

クォータに Windows ユーザを指定するには、 Windows 2000 より前の形式の Windows ユーザ名、 SID 、ユーザの SID によって所有されているファイルまたはディレクトリの 3 つの形式のいずれかを使用します。

クォータに Windows ユーザを指定するには、次のいずれかの形式を使用します。

  • Windows 2000 より前の形式の Windows 名。

  • S-1-5-32-544 など、 Windows によってテキスト形式で表示される Security ID ( SID ;セキュリティ ID )。

  • ユーザの SID によって所有されている ACL を持つファイルまたはディレクトリの名前。

    注記

    ファイル名またはディレクトリ名を指定する場合は、システム上で対象のユーザアカウントを使用するかぎり削除されることのないファイルまたはディレクトリを選択する必要があります。

    ONTAP が ACL から SID を取得するには、その ACL が有効である必要があります。

    ファイルまたはディレクトリが UNIX 形式の qtree に存在する場合、またはストレージシステムでユーザ認証に UNIX モードが使用されている場合、 ONTAP は、 SID ではなく UID * がファイルまたはディレクトリの UID に一致するユーザにユーザクォータを適用します。

    ファイルまたはディレクトリ原因 ONTAP の名前でクォータのユーザを指定しても、そのファイルまたはディレクトリにクォータを適用されるわけではありません。