日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリューム効率化処理を停止します

寄稿者

volume efficiency stop コマンドを使用すると、重複排除またはポストプロセス圧縮処理を停止できます。このコマンドではチェックポイントが自動的に生成されます。

ステップ
  1. volume efficiency stop コマンドを使用して ' アクティブな重複排除またはポストプロセス圧縮操作を停止します

    「 -all 」オプションを指定すると、アクティブな効率化処理とキューに登録された効率化処理が中止されます。

次のコマンドを実行すると、ボリューム VolA で現在アクティブな重複排除処理またはポストプロセス圧縮処理が停止します。

volume efficiency stop -vserver vs1 -volume VolA

次のコマンドを実行すると、ボリューム VolA でアクティブな、およびキューに登録されている重複排除処理またはポストプロセス圧縮処理が停止します。

volume efficiency stop -vserver vs1 -volume VolA -all true