日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

追跡クォータの使用方法

寄稿者

追跡クォータでは、ディスクおよびファイルの使用状況についてレポートが生成され、リソースの使用量は制限されません。追跡クォータを使用すると、クォータをいったんオフにしてからオンにしなくてもクォータのサイズを変更できるため、クォータ値の変更による中断時間が短縮されます。

追跡クォータを作成するには、ディスク制限パラメータとファイル制限パラメータを省略します。これにより ONTAP は、制限を課すことなく、ターゲットのレベル(ボリュームまたは qtree )でそのターゲットのディスクとファイルの使用状況を監視するようになります。追跡クォータは 'how コマンドとクォータ・レポートの出力で ' すべての制限に対してダッシュ( "-" )で示されます

また、ターゲットのすべてのインスタンスを環境で管理する _default 追跡 quota_policy_を 指定することもできます。デフォルト追跡クォータを使用すると、あるクォータタイプのすべてのインスタンス(すべての qtree またはすべてのユーザなど)の使用量を追跡できます。また、クォータの変更を有効にする必要がある場合に、クォータの再初期化ではなくサイズ変更を使用できます。

次の quotas ファイルは、特定のユーザ、グループ、および qtree に、追跡クォータが適用されていることを示しています。

#Quota target   type           disk files thold sdisk sfile
#-----------    ----           ---- ----- ----- ----- -----
kjones          user@/vol/vol1    -  -
eng1            group@/vol/vol1   -  -
proj1           tree@/vol/vol1    -  -

次の quotas ファイルは、 3 つのデフォルト追跡クォータ(ユーザ、グループ、および qtree )を使用できることを示しています。

#Quota target   type           disk  files thold sdisk sfile
#-----------    ----           ----  ----- ----- ----- -----
*               user@/vol/vol1    -   -
*               group@/vol/vol1   -   -
*               tree@/vol/vol1    -   -