日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ツリークォータの機能の概要

寄稿者

qtree をターゲットとしてクォータを作成して、ターゲットの qtee の大きさを制限できます。これらのクォータは、 _tree quotas _ とも呼ばれます。

qtree にクォータを適用すると、ディスクパーティションと同様の結果が得られます。ただし、クォータを変更することで、 qtree の最大サイズをいつでも変更できます。ツリークォータを適用すると、 ONTAP は所有者に関係なく qtree のディスクスペースとファイル数を制限します。書き込み処理によってツリークォータを超える場合、 root ユーザと BUILTIN\Administrators グループのメンバーを含むすべてのユーザは qtree への書き込みを行うことができません。

注記

クォータのサイズは、利用可能なスペースの量を保証するものではありません。クォータのサイズは、 qtree で使用可能な空きスペースの量よりも多く設定できます。volume quota report コマンドを使用すると、 qtree 内で実際に利用可能なスペースの量を判断できます。