日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

バックアップ設定

寄稿者 netapp-rlithman netapp-aherbin このページの PDF をダウンロード

バックアップ設定を更新して、さまざまなバックアップオプションを制御できます。使用可能なバックアップ設定はサービスによって異なります。

サービスごとのバックアップ設定

バックアップ設定 説明 有効 使用可能な場所

自動同期

新しく追加または削除されたユーザ、 OneDrives 、またはサイトコレクションのスケジュールされた自動同期を 24 時間ごとに有効にします。

デフォルトでは

  • Microsoft Exchange Online の略

  • Microsoft SharePoint Online

  • Microsoft OneDrive for Business の場合

  • Microsoft 365 グループ

OneNote バックアップを有効にします

OneNote ノートブックのバックアップを有効にします。

手動で実行する

  • Microsoft SharePoint Online

  • Microsoft OneDrive for Business の場合

回復可能なアイテムの復元を有効にします

Microsoft Exchange の回復可能なアイテムを復元できます。

手動で実行する

  • Microsoft Exchange Online の略

リカバリ可能なアイテムのバックアップを有効にします

Microsoft Exchange のリカバリ可能なアイテムのバックアップを有効にします。リカバリ可能なアイテムのバックアップを許可できるのは、階層 1 のバックアップポリシーだけです。

手動で実行する

  • Microsoft Exchange Online の略

ワークフローを含める

バックアップのワークフローが含まれます。

手動で実行する

  • Microsoft SharePoint Online

  • Microsoft 365 グループ

リストビューを含む( Include List Views

バックアップのリストビューを含みます。

手動で実行する

  • Microsoft SharePoint Online

  • Microsoft 365 グループ

バージョン履歴を含める

バックアップ内の複数のファイルバージョンを保守できるようにします。

注記 この設定は、個々のファイルにのみ適用されます。フォルダ、階層、サービス全体には適用されません。

デフォルトでは

  • Microsoft SharePoint Online

  • Microsoft OneDrive for Business の場合

  • Microsoft 365 グループ

バージョンの数

保持するバックアップファイルバージョンの数を設定します。デフォルトでは、この設定が有効になっていない場合でも、最新バージョンが自動的にバックアップされます。

デフォルトでは 20 に設定されています

  • Microsoft SharePoint Online

  • Microsoft OneDrive for Business の場合

  • Microsoft 365 グループ

バックアップ設定を更新します

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで [*Services] をクリックします。

    サービスボタンのスクリーンショット

  2. [Microsoft 365] をクリックします。

    Microsoft 365 ボタンのスクリーンショット

  3. [ サービスの管理 ] で、 [ バックアップ設定 ] アイコンをクリックします 設定アイコンのスクリーンショット をクリックします。選択したサービスで使用できるバックアップ設定のリストが表示されます。

  4. 目的のバックアップ設定を選択します。

  5. [* 確認 *] をクリックします。