日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

現代の認証を有効にします

寄稿者 netapp-rlithman

Microsoft 365 は、 2021 年 10 月を Exchange Online の基本認証の廃止を目標としています。廃止後、 Microsoft 365 グループ、および共有メールボックスとアーカイブメールボックスで検出エラーが発生する可能性があります。

最新の認証はいつでも有効にできます。

新規のお客様は何もする必要はありません。サインアップすると、 [ 最新の認証 ] が有効になります。

既存のお客様が対処する必要がある。最新の認証を有効にするには、次の手順に従います。

オプション 1 の手順
  1. SaaS Backup for Microsoft 365 にサインインします。次のメッセージが表示されます。最新の認証読み取りを有効にするためのポップアップメッセージ Microsoft Basic 認証はまもなく無効になります。Microsoft 365 グループ、アーカイブメールボックス、および共有メールボックスでの検出エラーを回避するには、最新の認証を有効にしてください。今すぐ有効にしますか?

  2. [Confirm] を選択して、モダン認証を有効にします。

  3. すべての権限を受け入れます。これで、モダン認証が有効になりました。ZZZ 設定サービスアカウントが削除されました。

オプション 2 の手順
  1. SaaS Backup for Microsoft 365 で、「設定」に移動します 歯車アイコン> [ サービス設定 ] > [ Microsoft 365 サービス設定 ] の順に選択します。Microsoft 365 のサービス設定を指す矢印

  2. [ 最新認証を有効にする *] を選択します。"[ サービス設定 から [ 最新認証を有効にする ] を選択します"]

  3. すべての権限を受け入れます。これで、モダン認証が有効になりました。ZZZ 設定サービスアカウントが削除されました。

エラー通知を受信した場合は、再試行して最新の認証を有効にできます。

サポートについては、 saasbackupsupport@netapp.com まで E メールでお問い合わせください。

詳細については、を参照してください "Basic Authentication and Exchange Online - 2021 年 9 月の更新です"