日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

以前のバックアップからリストアする

寄稿者 netapp-aherbin netapp-rlithman

デフォルトでは、最新のバックアップのみがリストアに使用できます。

手順
  1. ダッシュボードで、リストアを実行するサービスの [ 保護されている * ] ボックスの上の番号をクリックします。

    • 共有メールボックスの場合は、 * shared * タブをクリックします。

    • アーカイブメールボックスの場合は、 *ARCHIVE * タブをクリックします。注:アーカイブメールボックスは、ユーザの通常のメールボックスにリストアされます。

    • 通常のメールボックスの場合は、 user タブに残ります。

  2. リストアする項目をクリックします。

  3. [ * バックアップ履歴の表示 * ] をクリックします。

    カレンダーが表示されます。使用可能なバックアップの日付は、緑色の丸で示されます。

  4. 選択した日数でバックアップされたアイテムを表示するには、 * Show Selected Backups * をクリックし、ドロップダウンメニューから事前に定義された日数のいずれかを選択します。

  5. それ以外の場合は、リストアするバックアップの日付をクリックし、特定のバックアップを選択します。

  6. リストアする項目を選択します。

  7. をクリックします 復元ボタンの画像

  8. リストアオプションを選択します。

    1. Microsoft Exchange Online* のメールボックス、または Microsoft 365 グループのメールボックスをリストアする場合は、次のいずれかのオプションを選択します。

      • * 同じメールボックスにリストア *

        同じメールボックスにリストアする場合、デフォルトでは、バックアップコピーが格納された元のコンテンツの場所に、現在の日付とタイムスタンプが設定されたリストアフォルダが作成されます。[ 既存のコンテンツの置換 ] を選択した場合、現在のデータはバックアップに完全に置き換えられます。

      • * 別のメールボックスにリストア *

        別のメールボックスにリストアする場合は、検索フィールドにデスティネーションメールボックスを入力する必要があります。検索フィールドに宛先の電子メールアドレスの一部を入力すると、一致する宛先メールボックスを自動的に検索できます。

    2. Microsoft OneDrive for Business * の MySites をリストアする場合は、次のいずれかのオプションを選択します。

      • * 同じ MySite * にリストアします

        個々のファイルを同じ MySite にリストアする場合、デフォルトでは、バックアップコピーが格納された元のコンテンツの場所に、現在の日付とタイムスタンプを持つリストアフォルダが作成されます。[ 既存のコンテンツの置換 ] を選択した場合、現在のデータはバックアップに完全に置き換えられます。フォルダ全体をリストアする場合は、「 * 既存のコンテンツを置換 * 」オプションは使用できません。

      • * 別の MySite * にリストアします

        別の MySite にリストアする場合は、検索フィールドにデスティネーションの MySite を入力する必要があります。検索フィールドに宛先の MySite の一部を入力すると、一致する宛先の MySites の自動検索を開始できます。

    3. Microsoft SharePoint Online* のサイトをリストアする場合は、同じサイトまたは別のサイトにリストアできます。Microsoft 365 グループサイトをリストアする場合は、同じサイトにのみリストアできます。

      • * 同じサイト * にリストアします

        同じサイトにリストアすると、デフォルトでは、バックアップコピーが含まれている元のファイルの場所に、現在の日付とタイムスタンプが設定されたリストアフォルダが作成されます。[ マージで上書きする *] オプションを選択した場合は、復元フォルダは作成されません。バックアップファイルのバージョンと現在のファイルが一致した場合、バックアップは元の場所にリストアされます。デスティネーションの新しいコンテンツは無視され、影響を受けません。たとえば、バックアップに File1 version5 が含まれ、保存先に File1 バージョン 6 が含まれている場合、 [ マージで上書き ] オプションを選択した状態でリストアを実行すると失敗します。[ 既存のコンテンツを置換 * ( Replace the existing content * ) ] オプションを選択した場合、データの現在のバージョンは完全にバックアップコピーに置き換えられます。

      • * 別のサイトへのリストア *

        別のサイトにリストアする場合は、デスティネーションサイトを検索フィールドに入力する必要があります。検索フィールドに宛先サイトの一部を入力して、一致するサイトの自動検索を開始できます。

  9. [* 確認 *] をクリックします。

    リストアジョブが作成されたことを示すメッセージが表示されます。

  10. リストアの進捗状況を監視するには、 * ジョブの進捗状況の表示 * をクリックします。