日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

バックアップのスケジュール設定やバックアップ頻度の変更

寄稿者 netapp-rlithman netapp-aherbin

保護されていないデータをバックアップポリシーに割り当てることでバックアップできます。保護されていないデータがバックアップポリシーに割り当てられると、そのデータは、割り当てられたポリシーに対してスケジュールされた次のバックアップが実行されるまで「 * pending * 」状態になり、その後、そのバックアップが * protected * 状態になります。保護対象データのバックアップ頻度を変更する場合は、データを別のバックアップポリシー階層に割り当てることができます。

手順
  1. ダッシュボードで、変更するサービスのボックスの上の * protected * または * unprotected * をクリックします。保護されているデータのバックアップ頻度を変更する場合は、 [* 保護されている *] をクリックします。新たに検出されたメールボックス、サイト、または個人サイトをバックアップする場合は、 [ 保護されていない *] を選択します。

  2. バックアップオプションを選択します。

    1. が必要です

      • 共有メールボックス( Tier 3 のみ)をバックアップする場合は、「 * shared * 」タブをクリックします。

      • アーカイブメールボックス( Tier 3 のみ)をバックアップする場合は、「 * archive * 」タブをクリックします。

      • 通常のメールボックスをバックアップまたは変更する場合は、 user タブに残ります。

    2. SharePoint の場合

      • サイトのバックアップ・ポリシーをバックアップまたは変更する場合は、 [*sites *] タブに残ります。

    3. OneDrive に対応

      • ユーザーのバックアップ・ポリシーをバックアップまたは変更する場合は、 [user] タブに残ります。

    4. Microsoft 365 グループの場合

      • グループをバックアップする場合( Tier 3 のみ)は、 *groups * タブに残ります。

      • チームをバックアップする場合は( Tier 3 のみ)、 * Teams * タブをクリックします。

  3. バックアップする項目を選択します。

  4. [* グループ *] メニューをクリックします。

    グループメニュー

  5. バックアップ用の新しいポリシー階層を選択します。

    注記 Microsoft 365 のグループとアーカイブメールボックスは、階層 3 のポリシーにのみ移動できます。
  6. [ 適用( Apply ) ] をクリックします。